最初は、趣味を生かせる副業を選ぶことが大切です。

もちろん、収入を得ることが大きな動機であることには変わりませんが、

それだけでは持続は難しいでしょう。「苦痛」「我慢」が伴ってしまう可能性が高いからです。

そこで、趣味をする大きな動機である「楽しいから」「好きだから」という感情を副業と結び付けましょう。

「楽しい」や「好き」は継続に結び付き、それが「収入」につながるイメージを持っておくのがおすすめです。

インフォメーション | 08:00 AM | comments (x) | trackback (x)
現役OLの方にピッタリの副業をご紹介しています。

「OLの場合、平日は朝も早く、夜までビッシリと仕事があって毎日忙しい」

「少しずつでも貯金をしていきたい」

収入が低く何かしら副業をしてみたいと思うOLの方はそんな悩みを抱えているのではないでしょうか?

給料以外で簡単に収入を上げたいと考えるものの、残業すると体力的にも消耗するし、夜の仕事や日払いの仕事には少し抵抗がある…それでもお金を貯めたい。

そんなOLにもピッタリな副業を在宅ワークネットでは紹介していきたいと思います。

インフォメーション | 08:37 AM | comments (x) | trackback (x)
最近は在宅で始められる仕事が登場し、副業に興味を持つ女性もどんどん増えてきています。副業をすることによって収入が増えるだけでなく、自分の才能が開花したり、幅広い知識を身につけられたりするので、興味のある人は積極的にチャレンジしてみましょう。

女性に最適な副業について最新ランキングを紹介します。

女性向け副業ランキングの第1位は「ポイントサイト」です。ポイントサイトは、サイトを通して買い物をしたり資料を請求したりして、ポイントを貯めていく方法です。ポイントサイトなら、未経験の女性でもすぐに始めることができます。貯めたポイントは現金化することも可能なので、日頃ネットショッピングを利用する機会が多い女性に最適な副業だと言えるでしょう。

第2位は「アンケートモニター」です。アンケートモニターは、スマホやパソコンなどを使って企業のアンケートに答える仕事です。貯めたポイントは現金化することができます。隙間時間に収入を得やすい仕事なので、本業が忙しい人も比較的楽に稼ぐことができるでしょう。

第3位は「覆面調査」です。覆面調査とは、レストランやカフェなど指定されたお店に出向いて、そのお店のサービスを評価する仕事になります。調査時にかかる飲食代や交通費などはすべて企業側が負担してくれるため、無料でお店のサービスを利用することができます。サービス料無料で、なおかつお金も稼げる覆面調査は、特に主婦から高い人気を集めています。

第4位は「家事代行」です。家事代行は主に料理・掃除・洗濯を行う仕事なので、難しい知識は必要ありません。平均時給も高く、1回2時間から仕事を始めることができるため、家事や本業と両立しやすい副業だと言えます。

第5位は「ハンドメイド販売」です。ハンドメイド販売は、自分が作ったオリジナル作品を売ることで収入を得る方法なので、普段趣味で作品を作ったり、モノ作りが得意な人なら、楽しみながら稼ぐことができるでしょう。

第6位は「アフィリエイト」です。アフィリエイトはブログやホームページなどに広告を貼って、収入を得る方法になります。普段アクセス数が多いブログやホームページを運営している人であれば、早い段階で大きく稼ぐことも可能です。

第7位は「記事作成」です。記事作成はクライアントの依頼に応じて記事を作成する仕事なので、大きく稼ぎたいのであれば、ある程度数をこなす必要があります。タイピングが得意な人であれば、すぐに収入を得ることも可能です。

第8位は「ネットオークション」です。ネットオークションに不用品を出品するだけで手軽に収入を得られるため、誰でも簡単にチャレンジすることができます。要らないブランド品や衣服の処分に困っている女性なら、ネットオークションで販売してみるといいでしょう。

第9位は「チャットレディ」です。チャットレディは、パソコンやスマホの画面を通じて男性と通話するだけで手軽に収入を得られるので、少ない時間で効率よく稼ぎたい人に最適です。

第10位は「写真販売」です。自分が撮影した写真をネット上で販売することができるため、趣味感覚でお金を稼ぐことができるでしょう。

女性が副業に向いている理由

現在は女性をターゲットにした副業が増えているため、自分の得意なことを活かしながら稼ぐことができます。未経験でもチャレンジ可能な仕事が多いので、副業に興味のある女性は積極的にチャレンジしてみるといいでしょう。 女性ならではの細かな配慮は、様々な副業の役に立ちます。女性ならではの感性を活かしていけば、本業以上に稼ぐことも十分可能です。

インフォメーション | 10:10 PM | comments (x) | trackback (x)
意外かも知れませんが、女性の方が副業で稼ぐ素質があることは間違いありません。

というのも、女性の方が共感脳であり、男性とは比べものにならないくらい人の気持ちがわかり、気が利くからなんですね。

で、それがなぜ稼げることにつながるのかというと、結局、ビジネスというのは「人」が全てだからです。

何かに悩んでいたり、何かを欲している人に対して、その問題を解決したり、欲求を満たすことによってお金をいただくことがビジネスなんですね。

つまり、お金を払ってくれる人の気持ちがわからなければ、お金を払ってもらえるわけがないのです。

「パソコンばっかり見てる人がネットビジネスで稼げるわけないよね」で詳しく話しているのですが、人々を共感させられないのであればビジネスで、副業で稼ぐことはまずできません。

副業で稼ぐことができていない人、特に男性は自分が稼ぐことばかりを頭に入れており、お金を払ってくれる人のことを見ていないからなんですね。

流行や人気、トレンドは女性が作るとも言われるほど、女性の共感というのはチカラを秘めています。

その共感をつかむことができる人が副業で稼げるのであって、人のことを日頃からよく見ている女性はやはり稼ぐ素質を持っていると言えるでしょう。

インフォメーション | 08:19 AM | comments (x) | trackback (x)
専業主婦にピッタリの副業を在宅ワークネットでご紹介していきます。

仕事や残業に追われるサラリーマンと比べると忙しくはないものの、家事や育児などで忙しいのが専業主婦ですよね。

「もっと分かって!」と旦那に言いたくなる反面、家計の管理に直結しているので「今月いくら足りない」「貯金できた」なども1番に分かる、大切な家族の中でも重要な経理担当でもあります。

そんな主婦ならではの忙しさが収入に繋がれば良いものの、あくまでも家族サービスの一環であり、自身の収入になる事はほとんどありません。

だからこそ、毎日楽しい生活をおくる専業主婦の多くは、お小遣い以外の副業による副収入で生計を立てています。

「毎朝決まった時間に起きて朝ご飯を作って、夕方頃には夕飯の支度をする」

「縛られる時間はないものの、空き時間を自分で見つけやすい」

そんな主婦の視点でピッタリな、無理なくできる副業を在宅ワークネットは紹介していきます。

インフォメーション | 09:20 AM | comments (x) | trackback (x)
近年、副業や在宅ワークで稼ぐ女性が増えています。主婦ならかつては「旦那の給料で何とかやり繰りをしなければ」と思いがちでした。しかし、日本全体で所得が落ちていることから、自分も家事や子育てをしながら稼ぐことが求められています。

また、キャリアウーマンも一昔前なら「今の職場で頑張って、よりたくさん給料をもらえるようにしよう」と考えることが普通でした。しかし、所得が落ちた今日ではそれも正しいとは言えません。

特に会社が不安定な存在となったことが大きいでしょう。終身雇用という言葉がもはや信用できず、一生懸命頑張っている内にリストラ、もしくは会社そのものが倒産してしまうことが考えられます。

安心して暮らすためには、今働いている方でもさまざまな手段を使って自力で稼げるようにする必要があります。これらのことから、副業や在宅ワークは学歴や職歴問わず誰でも検討の余地があります。

「それでは、何をして稼ぐか?」は大きな問題です。今女性に人気のものが、自宅でできるもの。誰でもできる簡単なものから、専門的なスキルを活かした本格的なもの、趣味のように楽しみながら稼げるものまであります。

インフォメーション | 08:54 AM | comments (x) | trackback (x)
■OLなどで働いてるが、空き時間や働いている時間に貯金をもっと増やしたい
■共働きで家事もこなしつつも、収入をもっと増やしたい
■主婦で家を離れられないので、在宅で収入を増やしたい
■夜のバイトは心配なので、もっと安全に収入を増やしたい


といった、女性の生活ならではの不安にあわせた時間に融通の利く副業をあつめています。

もちろん女性に限らず男性でも可能な副業もありますし、学生からでも行えるものも多くありますので、副業に悩んでいる方はぜひ一度お問い合わせくださいね。

インフォメーション | 10:32 PM | comments (x) | trackback (x)
「もっと収入が欲しい」と考えたとき、みなさんはどうしますか?節約をするという手もありますが、節約だけでは「収入が増えた」とは感じにくいでしょう。

収入を増やしたいときにオススメなのは副業です。現在、スマホやPCで簡単に始められる副業が数多くあります。

副業を選ぶときの基準は「自分に合っているかどうか」が大事です。

例えば仮想通貨への投資が流行っていたので、とりあえずやってみたけど損してしまった。自分は副業に向いてない。という人は副業に向いてないのではなく、仮想通貨の投資という副業が自分に向いてなかっただけだ。と考えてみてください。

実際に、就職先は色々な会社を見て報酬や、条件、やりがいなどで比べるのに副業は「とりあえず流行ってるからやってみる」という人が結構多いです。

自分に合っていない副業はストレスになり、継続が難しいです。まずは続けられるかどうかを考えながら、自分に合った副業を選んでいきましょう。

インフォメーション | 11:34 PM | comments (x) | trackback (x)
それでは兼業、副業、ダブルワークの違いは何でしょうか。サイトによってはこれらを混同し同じ意味で使っている場合もあるので、文脈からのニュアンスの解釈が必要です。

以下で、それぞれの言葉の一般的に使われる意味とどのような違いがあるのかを解説します。

■兼業

兼業とは本業以外の事業を持つことで、時間や曜日によって異なる職種を営む場合に用いられます。

例えば「兼業農家」のように、会社に勤務しながら自分でも事業を本格的に経営するようなケースです。

2つの仕事に対して同じくらいの労力をはらう場合に使用されるため、ダブルワークと同義語と考えても良いでしょう。

■複業

副業に対して「複業」という言葉がありますが、字の如く複数の仕事を持つことを意味します。

兼業=ダブルワークなら、複業=ダブルワーク、トリプルワーク、クワトロワークといった感じです。

同じくらいのボリュームの本業を複数持っていて、時間も労力も同等にかけているといった状況をイメージしてください。

例えば、個人事業主が異業種の事業を複数手がけている場合は「本業が複数ある状態」になり「複業」と呼ばれる場合が多いです。

対して「副業」は、本業よりも収入も費やす時間・労力が少ないのが特徴です。

副業とは、あくまで本業のサブ的な仕事に対して使われる言葉であることが分かります。

■ダブルワーク

2つの仕事を掛け持ちすることを「ダブルワーク」というため、副業・兼業・複業で最もダブルワークに近いのは兼業です。

ダブルワークは、掛け持ちしている2つ以上の仕事に対して同等に時間をかけ、同等の収入を得ている場合に用いられる言葉です。

正社員の場合は、ダブルワークという雇用形態は存在しません。基本的にアルバイトなどの非正規雇用を掛け持ちしている状態に、ダブルワークという言葉は用いられます。

インフォメーション | 08:32 AM | comments (x) | trackback (x)
副業とは?副業の定義と副業・複業・兼業の違い

■副業の定義

法律では「副業」に関する明確な定義がありません。そのため、副業に関してさまざまな解釈がなされています。最も広い意味での副業の定義は、「本業とは別に副収入を得ること」で手段の種類を問いません。その範囲は広く自宅での内職、株式・FX投資、ネットオークションでの販売、クラウドソーシングでの記事やイラストなどの作成、アルバイト、別の会社で社員として勤務するダブルワーク、および起業までも副業に含まれます。

狭義の意味の副業では、会社の副業禁止に当たる副業をさします。この場合の副業の定義は、「本業の業務に支障が生じる」「会社に損害を与える」「会社の信用を落とす」のいずれにも該当しないで本業以外に副収入を得ることです。法律に副業の定義がないため業務に支障が出るとは、具体的にどのようなことか、いくらの損害額を与えたときか、あるいはどのようにどれくらい信用を落とすことなのかなど具体的に示されていません。個々の事例ごとに最終的には裁判所が判断しています。

インフォメーション | 01:18 PM | comments (x) | trackback (x)

pagetop