専業主婦にピッタリの副業を在宅ワークネットでご紹介していきます。

仕事や残業に追われるサラリーマンと比べると忙しくはないものの、家事や育児などで忙しいのが専業主婦ですよね。

「もっと分かって!」と旦那に言いたくなる反面、家計の管理に直結しているので「今月いくら足りない」「貯金できた」なども1番に分かる、大切な家族の中でも重要な経理担当でもあります。

そんな主婦ならではの忙しさが収入に繋がれば良いものの、あくまでも家族サービスの一環であり、自身の収入になる事はほとんどありません。

だからこそ、毎日楽しい生活をおくる専業主婦の多くは、お小遣い以外の副業による副収入で生計を立てています。

「毎朝決まった時間に起きて朝ご飯を作って、夕方頃には夕飯の支度をする」

「縛られる時間はないものの、空き時間を自分で見つけやすい」

そんな主婦の視点でピッタリな、無理なくできる副業を在宅ワークネットは紹介していきます。

インフォメーション | 09:20 AM | comments (x) | trackback (x)
近年、副業や在宅ワークで稼ぐ女性が増えています。主婦ならかつては「旦那の給料で何とかやり繰りをしなければ」と思いがちでした。しかし、日本全体で所得が落ちていることから、自分も家事や子育てをしながら稼ぐことが求められています。

また、キャリアウーマンも一昔前なら「今の職場で頑張って、よりたくさん給料をもらえるようにしよう」と考えることが普通でした。しかし、所得が落ちた今日ではそれも正しいとは言えません。

特に会社が不安定な存在となったことが大きいでしょう。終身雇用という言葉がもはや信用できず、一生懸命頑張っている内にリストラ、もしくは会社そのものが倒産してしまうことが考えられます。

安心して暮らすためには、今働いている方でもさまざまな手段を使って自力で稼げるようにする必要があります。これらのことから、副業や在宅ワークは学歴や職歴問わず誰でも検討の余地があります。

「それでは、何をして稼ぐか?」は大きな問題です。今女性に人気のものが、自宅でできるもの。誰でもできる簡単なものから、専門的なスキルを活かした本格的なもの、趣味のように楽しみながら稼げるものまであります。

インフォメーション | 08:54 AM | comments (x) | trackback (x)
■OLなどで働いてるが、空き時間や働いている時間に貯金をもっと増やしたい
■共働きで家事もこなしつつも、収入をもっと増やしたい
■主婦で家を離れられないので、在宅で収入を増やしたい
■夜のバイトは心配なので、もっと安全に収入を増やしたい


といった、女性の生活ならではの不安にあわせた時間に融通の利く副業をあつめています。

もちろん女性に限らず男性でも可能な副業もありますし、学生からでも行えるものも多くありますので、副業に悩んでいる方はぜひ一度お問い合わせくださいね。

インフォメーション | 10:32 PM | comments (x) | trackback (x)
「もっと収入が欲しい」と考えたとき、みなさんはどうしますか?節約をするという手もありますが、節約だけでは「収入が増えた」とは感じにくいでしょう。

収入を増やしたいときにオススメなのは副業です。現在、スマホやPCで簡単に始められる副業が数多くあります。

副業を選ぶときの基準は「自分に合っているかどうか」が大事です。

例えば仮想通貨への投資が流行っていたので、とりあえずやってみたけど損してしまった。自分は副業に向いてない。という人は副業に向いてないのではなく、仮想通貨の投資という副業が自分に向いてなかっただけだ。と考えてみてください。

実際に、就職先は色々な会社を見て報酬や、条件、やりがいなどで比べるのに副業は「とりあえず流行ってるからやってみる」という人が結構多いです。

自分に合っていない副業はストレスになり、継続が難しいです。まずは続けられるかどうかを考えながら、自分に合った副業を選んでいきましょう。

インフォメーション | 11:34 PM | comments (x) | trackback (x)
それでは兼業、副業、ダブルワークの違いは何でしょうか。サイトによってはこれらを混同し同じ意味で使っている場合もあるので、文脈からのニュアンスの解釈が必要です。

以下で、それぞれの言葉の一般的に使われる意味とどのような違いがあるのかを解説します。

■兼業

兼業とは本業以外の事業を持つことで、時間や曜日によって異なる職種を営む場合に用いられます。

例えば「兼業農家」のように、会社に勤務しながら自分でも事業を本格的に経営するようなケースです。

2つの仕事に対して同じくらいの労力をはらう場合に使用されるため、ダブルワークと同義語と考えても良いでしょう。

■複業

副業に対して「複業」という言葉がありますが、字の如く複数の仕事を持つことを意味します。

兼業=ダブルワークなら、複業=ダブルワーク、トリプルワーク、クワトロワークといった感じです。

同じくらいのボリュームの本業を複数持っていて、時間も労力も同等にかけているといった状況をイメージしてください。

例えば、個人事業主が異業種の事業を複数手がけている場合は「本業が複数ある状態」になり「複業」と呼ばれる場合が多いです。

対して「副業」は、本業よりも収入も費やす時間・労力が少ないのが特徴です。

副業とは、あくまで本業のサブ的な仕事に対して使われる言葉であることが分かります。

■ダブルワーク

2つの仕事を掛け持ちすることを「ダブルワーク」というため、副業・兼業・複業で最もダブルワークに近いのは兼業です。

ダブルワークは、掛け持ちしている2つ以上の仕事に対して同等に時間をかけ、同等の収入を得ている場合に用いられる言葉です。

正社員の場合は、ダブルワークという雇用形態は存在しません。基本的にアルバイトなどの非正規雇用を掛け持ちしている状態に、ダブルワークという言葉は用いられます。

インフォメーション | 08:32 AM | comments (x) | trackback (x)
副業とは?副業の定義と副業・複業・兼業の違い

■副業の定義

法律では「副業」に関する明確な定義がありません。そのため、副業に関してさまざまな解釈がなされています。最も広い意味での副業の定義は、「本業とは別に副収入を得ること」で手段の種類を問いません。その範囲は広く自宅での内職、株式・FX投資、ネットオークションでの販売、クラウドソーシングでの記事やイラストなどの作成、アルバイト、別の会社で社員として勤務するダブルワーク、および起業までも副業に含まれます。

狭義の意味の副業では、会社の副業禁止に当たる副業をさします。この場合の副業の定義は、「本業の業務に支障が生じる」「会社に損害を与える」「会社の信用を落とす」のいずれにも該当しないで本業以外に副収入を得ることです。法律に副業の定義がないため業務に支障が出るとは、具体的にどのようなことか、いくらの損害額を与えたときか、あるいはどのようにどれくらい信用を落とすことなのかなど具体的に示されていません。個々の事例ごとに最終的には裁判所が判断しています。

インフォメーション | 01:18 PM | comments (x) | trackback (x)
会社の収入だけだとちょっと心許ないので副業をしてみたいけど、会社が副業を禁止している…。
そうお嘆きの方も少なくないと思います。

会社が副業を禁止しているのは、何らかの理由があるはずです。副業禁止を嘆く前に、禁止の理由をまず確認してみてはどうでしょうか。

禁止の理由によっては、交渉次第で副業が可能になるかもしれませんよ?

■副業を禁止する法律はない

そもそも、勤務外のプライベートな時間をどのように使うかは個人の自由です。会社がプライベートな時間を拘束することはできないのです。

会社の規定に副業禁止とあっても、それ自体には法的拘束力がなく、副業を禁止する法律があるわけでもありません。

インフォメーション | 09:00 AM | comments (x) | trackback (x)
近年、政府の働き方改革の推進もあって、多様な働き方が注目されています。

特に2020年の東京オリンピックに向けたテレワークデイには、多くの企業が在宅での勤務を実践し、多様な働き方のメリットについて理解が広がりました。

その流れを受けて、オフィスワークの枠に捉われない在宅ワークがいっそう注目を集めています。

これまで主婦を中心に家庭にいる人が始めることが多かった在宅ワーク。近年は、主婦に限らず副業として在宅ワークを始める人も増加傾向にあります。

インフォメーション | 10:32 AM | comments (x) | trackback (x)
在宅ワークは、一見全然儲からない、つまらないと思われがちです。

しかし実際には、ご自身のスキルや一日の仕事(稼働)時間によって、外で働くよりも稼いでいる方もたくさんいらっしゃいます。子育てをしながらだったり、家事をしながら仕事をすると、時間に制約がある場合さほど稼げないかもしれませんが、少しでも稼ぎたいという方には、在宅で仕事はとてもおすすめです。

数100円の小さな仕事から、数万円の報酬の仕事まで、本当に幅広い業務がありますし、それは今後どんどん増えていく可能性が高いです。在宅ワーク自体が一般的になり、より多くの方々にスキルと時間を活かして小さな稼ぎを実現していただければと思っています。

在宅ワークは、めげずに続けていればある程度安定した収入を得ることが可能です。
努力が報われるように、少しでも長く続けてみてください!

インフォメーション | 07:45 AM | comments (x) | trackback (x)
現在主に行われている在宅ワークの業務の金額相場です。案件次第なのであくまでも参考程度にしてください。

・データ入力
データ入力の仕事は、請負会社からエクセル等のファイルが送られ、そのファイルに指定のデータを入力する仕事です。

スキルとしては、エクセルを扱える程度のパソコンスキルが必要ですが、気軽に簡単に始められる仕事の一つとなっています。1ファイル辺り100〜200件程度のデータ入力をする事になりますが、1つあたり1〜2分の物から、10分程度かかる物まで様々です。金額も入力時間に合わせて単価が高くなり、1件3〜5円程度から数十円程度まで、幅広くあります。納期がありますが、在宅で仕事をする分縛られることはありませんので、空いた時間に少しずつ仕上げるようにすると良いでしょう。

・データ収集
データ収集の仕事は、インターネット上から様々なデータを収集し、エクセルやテキストにまとめる仕事です。

主に指定ジャンルのブログやサイトのURL、ブランド商品についてのデータを収集する業務・作業となります。現在はタブレットやスマートフォンが普及していますので、データ収集はどのような形でもしやすくなっています。データ1件辺りの金額相場は10円程度ですが、希に100円程度の高単価の場合があります。逆に1件1円などの極端に安く、簡単に収集できる場合も有りますが、労力に見合わないことが多いので、気を付けて自分の稼働時間と収入を見てみるといいかと思います。

・文章ライティング/記事作成

文章ライティング/記事作成は。普段キーボードを使って文章を書いている方におすすめの仕事です。
主に企業がジャンルやキーワードを指定し、それに関連する記事を執筆します。

1記事辺りの文字数と単価が決められており、1記事400文字で100円、500文字500円の様に、単価は様々です。特別な知識を必要としない記事は単価が安く、専門的なスキルや知識を必要とする記事は単価が高くなっています。上記の場合ですとそれぞれ1文字0.25円、1文字1円ですね。ただ、実績が必要となる事もありますので、最初から高単価の記事の仕事を請けるのではなく、1文字0.3円程度の物から始めると良いでしょう。

1時間当たり1,000文字程度執筆できるので有れば、十分始めてみる価値はあります。

インフォメーション | 09:17 AM | comments (x) | trackback (x)

pagetop