雇用されて働くスタイルではないという事は、労働基準法が適用されないのが難点と言えます。在宅ワークについては労働基準法ではなく、厚生労働省が定めた「在宅ワークの適正な実施のためのガイドライン」によって保護されることになります。

インフォメーション | 10:36 AM | comments (x) | trackback (x)

pagetop