発注者との契約条件について触れています。
契約条件の文書明示や、報酬支払いについてなどが主な内容となっています。
しかしこれはあくまでも「法律」ではないので、結局は何かあっても自己責任になってしまうのが現状です。

インフォメーション | 03:11 PM | comments (x) | trackback (x)
雇用されて働くスタイルではないという事は、労働基準法が適用されないのが難点と言えます。在宅ワークについては労働基準法ではなく、厚生労働省が定めた「在宅ワークの適正な実施のためのガイドライン」によって保護されることになります。

インフォメーション | 10:36 AM | comments (x) | trackback (x)
 

pagetop